UK9報道部

気になるニュースについて書きます。海外ニュースがメイン。

航空会社から陰性証明を求められて、PCR検査をやってくれる病院を探してみた

f:id:UK9:20200804142606j:plain

ramboldheinerによるPixabayからの画像

前回ブログ更新から1か月も経っていました。日々仕事に家庭のことにと忙しく、気が付いたらもう8月。早いです。

 

さて、いろいろ忙しくなった一つの理由は、コロナで子供たちがずーっと家にいることでした。飯は食べるは小遣いは使うわで、母は小銭稼ぎで仕事大忙し(なわけでもなかったかも…)。オンライン授業も終わったので、上の大学生はアルバイトに出ようと思ったところ、8月いっぱいという短期に加え、このご時世で「スーパーの買い物かごをシュッシュする仕事(本当に見出しにそう書いてあった…かごの消毒と思われます)」とか「精肉販売用の肉を切る仕事(欧米では食肉加工場でクラスター発生でした)」なんかばっかりで、去年のようなデパートの試食販売みたいなお仕事はほとんどなかったようです。今はフルーツの袋詰めという日払いバイトに応募中みたいです。

 

で、こんな大学生も9月から大学に戻る運びとなりました。スコットランドの大学に行っており、3月にイギリスのコロナが広がりつつあるときに戻ってきたので、半年ぶりのイギリス渡航となります。日本までは、エミレーツ航空の往復航空券を大慌てで買って帰ってきました。復路はもう捨ててもいいやということで、適当な予約を入れていましたが、航空会社が1年間予約変更OKとしたため、9月に予約変更ができました!

 

スコットランドへは、ドバイ経由でグラスゴー空港まで行くことになります。日本からイギリスの場合は、14日間の自主隔離をすればよいようなので、アパートに1人で籠れば問題なし。しかし、意外なところで問題が持ち上がりました。なんとエミレーツ航空が8月1日より、トランジット客にもPCR検査による陰性証明提出を求めるとしていたんです。

www.emirates.com

 

ええーっ、これは大変!母はすぐ、住んでいる地域でPCR検査をしてくれる病院をググりましたよ。そして「ビジネス渡航者へのPCR検査の検体採取及び検査証明の発行が可能な医療機関」というPDF資料にたどり着きました。これによりますと、我が家から行ける医療機関は数件です。さらにビジネスじゃなくて留学なんですが、まあ同じだろうということで、とりあえず近いところから電話をしてみました。

 

1つ目は、ビジネス渡航者に限定しているのでだめ、ということでした。冷たい…。2つ目は、ビジネスの場合は会社からの依頼レターを、留学の場合は学校からの依頼レターがなければ検査できないという、これまた厳しいお返事。航空会社から求められているんですと言っても、無理ですというお答えでした。このあたりの反応を聞くと、多分、渡航目的ではなく心配でPCRを受けたいという人をシャットアウトする策なのではないかと思えます。やはり日本は検査スンナ派なのか…。

 

3つ目は、なんと、すんなりOKでした!とても事務的に、「海外渡航の方ですね。いつご希望しょう?」と言われました。搭乗の96時間前までに検査を受けろとエミレーツ航空の指示にありますので、出発3日前を大急ぎでカレンダーで確認し、希望日を伝えました。「当院ホームページの注意事項は確認されていますね」と聞かれたので、「はい」と返事(一応事前にチェックはしていました~)。「予約日と名前を明記してメールしてください。詳細をお送りします」と言われ終了。なんだかすんなり&さっぱりでびっくり。どうもこの病院は、世間の病院が第一波の際、疑いのある患者の受診拒否をしていたときに、発熱外来を設置して診療をされていたようです。コロナに理解のある病院なんだろうと察します。

 

ただ、お値段は高いです(涙)。費用は鼻拭いのPCR検査と英文診断書で4万円弱。今からエミレーツ以外のPCRを課さない航空会社のチケットを買っても、ディスカウントで片道10万円強だったので、こっちのほうがまだ安いかなと。それに、別の航空会社もコロナの感染状況によっては、PCRを課してくる可能性もありますしね。

 

予約できたからといって、安心は禁物です。病院から送られてきた注意点では、基本翌々日に結果が教えてもらえるはずなんですが、人によっては「判定保留」となり、結果がいつでるか保証はできないとのこと。もしそうなったらもう飛行機には間に合わないですね(汗)。さらに病院自体でスタッフに感染者が出た場合、休診となり検査ができないこともあると。こういったリスクも理解しての検査だそうです。不安…。

 

そもそも96時間前にやったPCR検査で陰性が証明できるかと言われればそうではないですよね。検査後に夜の街で遊んだら、感染してるかもしれませんし。個人的にはあまり意味がない気がしますし、日本のような検査が受けにくい国の人は、エミレーツ航空使わなくなると思いますけど…。

 

と思ったら、こんな記事を発見しました。

www.aviationwire.jp

利用客がコロナにかかった場合、搭乗から31日間医療費を保証するそうです。だから、搭乗の際にかかってないことを証明しろということなんですね。分かりました。でも、この検査を受けるための手間や費用や心配を考えたら、こんなサービスいらないんですが…。

 

子供の出発まであと1か月。この後にさらなる変更やいろいろ面倒なことが起きませんように。母は神に祈るばかりです。