UK9報道部

気になるニュースについて書きます。海外ニュースがメイン。

コロナで転職。アマゾン倉庫で働かざるを得なかった人

f:id:UK9:20201128134342j:plain

TumisuによるPixabayからの画像

11月もあと数日。1年早いなあ。

特に今年はコロナのおかげで、旅行も外食も控え、おうちに籠ることが多かったさみしい年でした。もともと在宅なので仕事のほうは変わりなく、子供らに搾り取られつつも、あまり使うこともなくなったのでちょっと懐具合はいい感じ。仕事がなくなった方々も多いなか、ありがたいことだと思います。

 

で、海の向こうアメリカでもコロナで仕事を失った人は多いようです。本日ご紹介の記事はこちら。

www.wsj.com

アマゾンの倉庫で働く女性のお話です。この方4月にアマゾンの倉庫労働者になりました。49歳、広告代理店で会計の仕事をしていたのですが、3月に解雇されたそうです。ホワイトカラーからブルーカラーへの転職ですが、この先経済が安定するのには時間がかかると読んだ彼女は、より確実にお金が入る仕事を選んだとのこと。

 

倉庫はウィスコンシン州のケノーシャというところにあり、その広さ9万3000平方メートル。調べたところ六本木ヒルズの敷地面積と同じぐらいです。広い…。彼女の仕事は箱積め前の商品の仕分けで、スタート時の時給は15ドル(約1560円)ということ。日本の感覚からすると高給な気もしますが、ビッグマック指数で行くと、アメリカは1個613円、日本は390円ですからね。アメリカ物価高し。加えて通勤手当も福利厚生もないですから、厳しそうです。

 

現在はクリスマスシーズンですので、超繁忙期です。週40時間労働から、現在は55時間に増えているということです。

 

記事によると、彼女の一日は、朝なんと3:15起床。お弁当を作って4:50に家を出て、約50キロの道のりを運転し5:30に会社到着です。マスクを着用し検温を受け職場に入り、5:45に持ち場に付きます。スクリーンに表示された情報に沿って商品を仕分け。約3メートルのエリアで1時間に数百のアイテムを箱から高い棚へと移動させていきます。任務は迅速に箱詰め作業に入れるように商品を正しく棚に載せていく、というこの一点のみだそうです。

 

途中20分の休憩があり、たばことスナックで一息つきます。飲み食いの時間以外はマスクを外すのは禁止で、テーブルも仕切りがあったり歩く場所も制限されているようです。感染対策は厳しそうですね。9:35には業務再開。

 

11:30からは30分のランチタイム。厳しいコロナ感染防止規則と倉庫内の騒音から逃れられる唯一の場所ということで、食事は自分の車の中で取ります。12:00に2つ目のシフトが開始され、もくもくと仕分けを続け14:45にまた20分の休憩。仕事はさらに続きます。

 

17:15に業務は終了し、持ち場の消毒を行った後帰宅。通常1日に仕分けるアイテムの数は2000個以上になるということ。アマゾンではモニタリングシステムがあり、労働者が1時間にいくつのアイテムを仕分けたり箱詰めしたりしたかを記録しているということで、作業中は気が抜けないようです。家に付くのは18:00頃。12時間後には次のシフトが始まるということでした。

 

やはりきつそうですね。日本のアマゾンもそんな感じでしょうか?わが子は夏の間クロネコヤマトの配送センターで仕分けのバイトをしていましたが、たしかに体力はいったけど、カロリー消費してダイエットになりお金ももらえてラッキーだったと喜んでました。期間の決まったバイトだからこんなお気楽なことが言えるのであって、これがずっと続くと思うと厳しいですね。

 

実はアマゾンの倉庫の仕事に関しては以前にこんな記事も書いています。

newsphere.jp

若い人でもきついのに、今、ご老人たちはどうなっているんだろうか?心配です。

 

コロナ禍ということもあり、オンラインショッピングは大変ありがたいのですが、格差社会に着実に貢献しているような気も…。来年コロナが収まったとしても、格差はさらに広がるものと思われます。

 

オバマ回想録誤訳で思い出した、英語の文脈を読むことについて

f:id:UK9:20201120153120j:plain

Mike BriceによるPixabayからの画像


今、アメリカの会社のお仕事しているのですが、編集者が超のんき者です。締め切り12月頭っていうから、マイブームの「三国志」読書(吉川英治、読ませる~)と「孤独のグルメ」視聴(空腹で見ると即死だからなるべく食後に見てる)で遊んでたら、やっぱ来週にしてだって。前もだったし…。いつも申し訳なさそうに言ってくるので、土日もやれば間に合うかと思ってオッケーを出しました。いい人だけど適当、いや適当だけど悪い人ではないです。

 

で、今ちょっと話題になっているのが、オバマ元大統領が出した回想録のなかでの鳩山元首相に対する表現が誤訳ではないかという件です。記事が出てたんで面白く読ませていただきました。

news.yahoo.co.jp

www.newsweekjapan.jp

 

いくつか誤訳が指摘されているんですが、私が気になったのは"A pleasant if awkward fellow"という表現です。私は最初「いい人だけど付き合いにくい人」と訳しました。上記の記事を読んでいただくとわかるのですが、単語の訳は様々ですが、私の付けたのを基準にすると、「いい人だけど付き合いにくい人」なのか「付き合いにくいけどいい人」なのかということで賛否が分かれたようです。

 

日本のメディアだと、「いい人だけど付き合いにくい人」の訳が多いのですが、それをヤフーの記事の翻訳家の方が、文法的には「付き合いにくいけどいい人」が正しいとされています。前後が逆だと意味が違ってきて、けなしているのではなくポジティブ表現という説明。賛成のコメントが多いですね。私も文法的にはそれで正しいと思います。

 

ところが、下の記事の冷泉さんという方は、文脈から考えるとこれは鳩山氏批判になっていると言われてますね。引用されたところが狭いので、その前後がどうなっているのかはわからないのですが、そういうふうにも取れます。実際当時の鳩山さんの対応に不信感はあったでしょうね。

 

私はいい人というのは「付き合いにくい人」をストレートに伝えない言葉の技法じゃないのかなと思っています。あの人ちょっと付き合いにくいよね?というときに、「あの人ちょっと付き合いにくいよね、でもいい人だよね」というほうが「あの人いい人だけど、ちょっと付き合いにくいよね」より悪口に聞こえませんよね。オバマさんは、かつて大統領だったわけですから、率直に付き合いにくい人だったとかつての首相鳩山さんを表現するのは当然避けたと思います。その辺は頭いいですから。「いい人」を入れて柔らかくするっていうのは、日本語でもよくやると思います。ということで、私は本心「いい人だけど付き合いにくい人」だったのではないかと思います。

 

で、私が思い出したのはある事件。英語のAorB疑問文です。

Are you taking a taxi, or would you like me to give you a ride?

(タクシーに乗りますか、それとも私に送ってほしいですか?)

 

この例文を読んだイギリス人が、この聞き方だと、タクシーに乗ってほしいって暗にいってることになるから、こんな回りくどい聞き方しないと言いまして、例文を作った英語の先生がご機嫌斜めという事件がありました。ほんとに送ってあげる気持ちがあるなら、Let me give you a rideとか、How are you getting back home?  と直にいうはずだということです。なるほどなあ、文法的には正しいけど、行間読むと変じゃない?っていうことなんだと思いました。

 

実は最近のTOEICのテストPart2でも、相手の気持ちを読んだ答えというのが頻出なんです。問題をコピーすると著作権に触れるので、こんな感じという文章を一つ。

 

A:There is a big box in front of the meeting room.

会議室の前に大きな箱が置いてあります。

B:John is coming to pick it up in a minute.

ジョンがすぐ来て持っていくでしょう。

 

この問題は、「会議室の前に箱があります」と言っているAさんが、実は「箱が邪魔だ」と思っていることをBさんが悟って「ジョンがすぐかたずけますから」と答えているわけです。Aさんの発言は単なる事実なんですが、そこに隠れた気持ちを読み取れという問題なのでした。ここで文脈(お気持ち)を読めよという問題で難度を高めているんですね。なかなかTOEICも考えてるなと思います。現実的。

 

ということで、文法だけでなく文脈や行間を読むっていうのが、外国語には大事だと思います。文化的背景なども分からないとなかなか難しいんですけどね。オバマさんの件に関しては、お気持ちは、実際ご本人に聞いてみないと分からないとは思いますが。しかし、日本人って菅さんのトランプメッセージといい今回の件といい、英語の文法議論好きですよね。その割には上達しないのがちょっとね。

 

も~っと抱かれたいっ!オランダ発「牛ハグ」セラピーが人気

f:id:UK9:20201113160044j:plain

PexelsによるPixabayからの画像

来週から大きな仕事に着手するため、今週は結構怠けて生きている私です。なんか面白いネタはないかなとネットをサーフィンしたところ、見つけましたよ、かわいいニュース。

 

www.bbc.com

 

オランダの健康トレンドとして、「koe knuffelen (牛とハグをする)」というのが出ていました。あら~、コロナで人とハグできないからついに牛に行ったか?と思いきや、10年以上前からあるんだそうです。今やスイスやアメリカにまでも広がっているとのことで、すごい。

 

で、どうするかというと、定番はまず農場ツアー2、3時間参加(長いっ)。でやっと牛のなかの1頭に接してみます。そしてハグすると牛の温かな体温、ゆったりとした心音、そしてデカさのため、信じられないほど心穏やかになるそうです。さらに牛の背中をナデナデし、もたれかかったりなめられたりなど、すべてがもう、セラピー的触れ合いとなるのだとか。ホンマかいな(笑)。

 

牛とのハグは、社会的結合において放出されるオキシトシンというホルモンの増大により、ポジティブさを促進しストレスを減らすと信じられているそうです。この辺ちょっと科学的になってきましたね。ペットやこころのサポートをしてくれる動物とともに丸くなることに心を落ち着ける効果があるらしいんですが、より大きな哺乳類を抱きしめることで強まるのだとか。

 

牛さんのほうも抱擁されることは歓迎だそうです。2007年の研究では、首や背中の上のほうをマッサージされると、伸びをして耳を後ろに下げ深いリラックスのサインを示すらしいです。

 

牛って闘牛のイメージで、近寄ったら蹴っ飛ばされそうな気がしてたんですが、ハグ好きなんですねえ。私動物大好きなので、やってみたいんですが、近くに牛がいない…。ということで、今夜は我が家の小型犬にハグハグで間に合わせたいと思います(犬、めんどくさそうな顔してるけど)。

 

 

 

 

 

 

米大統領選、バイデン氏の大勝にはならなかったわけ

f:id:UK9:20201109145654j:plain

John HainによるPixabayからの画像

国勢調査も終わりましたので、今日から海外ニュースに戻りたいと思います。

 

で、米大統領選。決まりましたね、バイデンさんに。

スローだとか痴呆症だとかいろいろ噂がありました。確かに歩くのはヨタヨタですが、昨日のスピーチを見た限りでは、しっかりしてました。これまで数字を間違えたりしてましたので、やらかすんじゃないかと心配だったのですが、やはり演説慣れしてますね。なかなかの力強いスピーチでした。

 

しかし、投票前はバイデン氏の勝利確実と予想されていたものの、ふたを開けるとは大勝という感じではありませんでした。これについてアトランティック誌に記事が出ています。パンデミックの不景気にも関わらず、バイデンの地滑り的勝利を招かなかったわけを解説です。

www.theatlantic.com

 

失業率は1年前に比べ倍になり、週に100万人が失業手当を申請し、下院議会は6か月も追加刺激策を通過させるのに失敗している。トランプ氏は戦後最悪の雇用創出を記録した大統領なのに、投票日までは経済にはまずまずの評価がなされ、2016年に比べてトランプ氏の得票はすくなくとも570万票以上増えた。その理由として5つが上げられています。

 

まず、選挙は経済が立ち直りかけているところで行われたこと。有権者は経済の向かう方向を気にするもので、失業率が高くても低下しているほうが、低くて上昇しているときより与党を責めない傾向があるそうです。有権者は、ひどいけど回復している経済と捉えトランプ氏をそれなりに評価したということです。

 

2つ目は、4月に出した1200ドルの給付金です。これに加えて失業保険の支払いなども一時的に増強されており、春夏の壊滅的失業が収入喪失につながらなかったというデータがあるそうです。娯楽や外食も減って医者にもいかなくなったので、結果的に支出が減って手元に残るお金が増えたようです。これにより、共和党の経済政策有効と有権者が判断したとされています。

 

3つ目は、トランプ政権下のコロナ対策の失敗の被害は、実は民主党支持者のほうに多くなっていたこと。民主党支持者の多いハワイやカリフォルニアなどの沿岸部では失業率が高くなっていましたが、内陸部では半分ぐらいだったようです。また、コロナ不景気での失業は、若者、黒人、低所得者という民主党支持に傾きがちな層に過度に多くなっていたということ。年配、白人、高所得者に多いトランプサポーターは比較的被害を免れたと見られています。

 

4つ目ですが、アメリカ人はコロナ禍や不景気で責めるべきはトランプ氏と考えていないらしいです。政策選択がもたらしたというより、天災だと感じているとのこと。10月の世論調査では、半分強の人がトランプ氏のせいだとしていたのですが、リーマンショックに端を発したアメリカの深刻な景気後退の際には実に4人に3人がジョージ・W・ブッシュ元大統領を責めていたということです。トランプ氏自体が死者数の多さや失業の責任を取らず、中国や民主党を責めていましたので、有権者もそれを聞き入れたということのようです。

 

最後は、政治的対立が有権者の経済への認識を変えたことが上げられています。民主党のトランプ氏とその経済マネージメントへの軽蔑が揺らぐことはなく、共和党のトランプ氏への支持が揺らぐこともなかった。支持率も不支持率も異様に安定しており、ひどい不景気やパンデミック下でも変わらなかったということです。民主党は世界を青い眼鏡で見て、共和党は赤い眼鏡で見ていたのであり、今回の選挙では、実際の経済状況の影響は、以前と比べ少なかったのではないかということです。

 

こういったことが2020年はトランプ氏を助けることになったということでした。なかなか鋭い読みかもしれませんね。

 

 

国勢調査の調査員になってしまった…⑤

f:id:UK9:20201102125703j:plain

mohamed HassanによるPixabayからの画像

さて、指導員さんに提出物を渡した後に、市から支払いに関するお手紙がきました。報酬額ですが、自治会長さんから聞いた時は1調査区あたり3万円強ぐらいだった気がします。私は2調査区受け持ちだったので、6-7万円ぐらいじゃないかと思います。これって全国同じなのかな?バイトでやった仕事ではないですが、自分の通常の仕事の時間を削って調査活動をやったので、報酬はいただきたいですね。

 

市からのお手紙によりますと、お支払いは来年になるみたいです。結構かかるんですね。源泉徴収もされるみたいなので確定申告マター。来年の支払いとなると、今年度の確定申告には間に合わないので来年ということになりそうです。

 

支払いに関する提出書類ですが、申請書1枚は簡単に記入できました。やはりマイナンバーが分かるもの、免許などもう一つの写真付き身分証明書(ない場合は保健証など他の証明できるもの2種類)を貼り付けて送るようになってました。私はマイナンバーカードまだ作ってないので、マイナンバー通知カードと免許の組み合わせでした。

 

毎回思うのですが、カードや免許をコピーして貼り付ける作業は面倒ですね。せめて写真で添付ですが、郵送なので意味なし。この辺はみんながネットで提出できるITリテラシーを持てる時代を待つしかないのかもしれません。しかし家にコピー機とかない人はコンビニとかでやってるのだろうか?

 

口座情報も、毎回子供手当だのコロナ給付金だの市に届けているのですが、これも前の記録から自動的に見つけてくれると便利だなと思います。「紐づけはいや」っていう意見もありますが、特に脱税しているような人でなければ、紐付けのほうが楽ですよね。1口座だけなら、受け取り専用口座として作ることもできるので、脱税やマネロンの人も大丈夫だと思うのですが(汗)。

 

書類は簡易書留で送るようにとのことです。郵便代84+320円は市が負担してくれてますが、郵便局まで持っていくのが面倒ですね。いろいろ最後まで手間がかかりそうです。今日は雨なので、今週中お天気の良い日に持っていこうっと。

国勢調査の調査員になってしまった…④

 

f:id:UK9:20201024152505j:plain

Markus WinklerによるPixabayからの画像

調査票を配り終えたところまで書いていましたが、実はすでに国勢調査員業務、完了しております。

 

回答期間終了後、市から各世帯の回答状況を示した紙が送られてきました。ネット回答、郵便回答、未回答の3種類に項目が分かれていまして、どの世帯がどれだったかが分かるわけです。

 

やはり若い世代は結構ネット回答していただいてましたね。あと、ご老人のところもご家族が手伝ってネット回答っていうのもありました。紙に鉛筆でヌリヌリするよりネットのほうがずっと簡単だし、最初からネットメインになれば紙の調査票を無駄にしなくてすみますね。ただ、自分でできるネット世代の人が大多数でないと無理ですね。

 

回答状況には、ネットだと世帯主名、住所、世帯員の数、男女別が反映されています。郵便だと郵便回答したという事実のみの記載となります。あとで回答を機械で読み取りだからでしょうね。ネット回答のみですが、そこにかかれた情報と、調査員が回って聞いた情報が合致しているかをまずチェックするというお仕事がありました。2、3違っているのもありましたが、ほぼ正しかったですね。合致しない場合は、本人の回答を優先ということで直します。

 

そのあと、未回答の世帯を洗い出して、「督促」をするという作業がありました。「督促」って怖い表現ですが、要は再度新たに紙の回答用紙を「至急提出してください」というチラシと返信用封筒とともにその家庭に配るという作業です。なぜかネット回答してくださいとはチラシに書かれてなかったですね。

 

調査票を配ったときにはすごく感じが良かったご家庭だったのに、未提出ということが結構ありました。その理由の一つとして、調査票を配ったのが9月だったのに、「10月1日以降に郵送回答してください」という指示があったことがあると思います。国勢調査は10月1日時点での状況ということに建前上なっていますので、それ以前に回答しないでね、というルールがあるんです。でも、ネットだとその日に回答OKという矛盾したルールなんです、なぜか。

 

もらってからすぐに回答しないと、出すの忘れちゃうと思うので、次回からは10月1日以前でも返送OK、または調査票配布を10月1日以降にすればいいんじゃないかと思うのですが…。ちなみに回答状況には回答日も記載されてるんですが、よく見ると10月1日より前に回答してた家庭も結構ありました。ルール形骸化してます。

 

督促の際に、また各家庭を回って回答を催促するのかと思いきや、市から送られたお手紙を見ると、ポストに入れるだけで良しと書いてありました。国民の義務と、罰則ありとなっているんですが、実際のところ、居留守とか拒否とかの人を追いかけること自体が難しいので、督促して答えてくれそうなところのみ、再度調査票を配ればよしという指示でしたね。この辺は意外にいい加減で実は驚きました。コロナ禍ということで、今年は特別なのかなとも考えましたが、結局国民全員って毎年不可能なんだと思います。それでも十分現実に近い結果が出てるんでしょうね。続いているわけですから。

 

ということで督促を行って、提出物をマニュアル通りに整理して、私のお仕事は終了しました。昨日市役所の指導員さんを尋ねて書類等と調査で利用するため配られた道具をすべて返して(どれを返すのかわからなかったので、一式全部置いてきたって感じ)帰ってきました。こちらもものすごく適当で、提出物を厳しくチェックされるのかなと思いきや、ざっと見ておしまい。担当の指導員さんも、実は通常は市役所の別の仕事をされていて、国勢調査のためにたまたま担当にされたという感じでした。なんで、あちらも細かいことは分かっていなかった印象です。まあ突っ込まれてもいやなので、私には都合がよかったかなと。

 

正直言って面倒なお役を授かった今回でした。自治会役員じゃなかったら絶対やってませんから、まあいい経験だったと思うようにしていますが、細かい面倒な作業も多く、これまでずっとこのやり方だったならかなり大変だったのではと思います。最近はハンコ廃止、IT化促進とかを政府が本気でやろうとしているようですので、ぜひ国勢調査マイナンバーやネットを活用してだれでも簡単にできる仕組みになるといいですね。人手も経費も長期的には削減されるのではないかと思いました。

 

残るは報酬お支払いのようですので、そちらは次回に。

国勢調査の調査員になってしまった…③

f:id:UK9:20200927165119j:plain

Pierre BlachéによるPixabayからの画像

こんにちは、自治会副会長兼国勢調査員です。漢字続いて堅いですね(笑)。

今日も行ってきました。調査票配布。一応全部配り終えました。祝!

 

懸案となっておりましたアパートですが、前面から見ると窓も見えない玄関ドアだけが並ぶ建物で、在宅かどうかが外から全く分からない建物でした。もちろん表札とかもほぼ出ておらず。びっくり箱じゃないですが、出てきた人が怖い人だったらどうしよう、と内心怖々でした。

 

ところが、スルッと終了してしまいましたよ~。事前に管理会社に電話で確認した空室を除いて調査票を用意していたんですが、行ってみたところ、だれか住んでいるはずの1件は郵便受けに紙テープで封がしてあったので、居住者なしと判断。ということで、最終的には5室にチャレンジ。そのうち3室はなんと、住人さんが出てきてくれました。インタフォンにカメラがない、ピンポンだけのアパートなんですが、呼び鈴を鳴らしてしばらくしても返事がない。いないのかと思って、連絡用のメモを残そうと思ったらいきなりドアが開くというパターン×3回でした。若い学生さんぐらいの方たちで、多分、朝だったので寝てたかなんかで反応が遅れたんでしょう。

 

さっと名前を聞いて、調査票を渡すだけで簡単でした。意外にあっけなくフツーの若者たちでしたわ。ビビッて損した(笑)。残りの2室は2日間に渡って呼び鈴を鳴らしましたが出てこられなかったので、封筒を郵便受けに投入して終了。あとは回答をしてくれることを祈るのみ。

 

実は連休に回った世帯の一つで受け取り拒否をされたところがありまして、それに関して、市の担当部署に報告をしました。「いやいや、もう一回行って説明してきてください」とか言われるのかなあと思っていたのですが、なんと「それぞれのご事情というのがあるので、ゴリ押しはせず、そのままにしておいていいです」というお返事でした。拒否されたとはいえ、そこに居住されていることは分かったので、その旨を書いておいてくださいということで、まさかの肩透かし。でも、拒否されて「あなた、50万の罰金ですよ」とか言い返した日にはさらにややこしくなりますもんね。あとで市がフォローされるのかなあとも思っていました。

 

で、昨日、昨年の自治会役員さんの家にも調査票を届けにいったんですが、受け取り拒否をされた方の近くにお住まいだったので、そのことをちらっとお話したところ、今日になってお電話をいただきました。旧役員さんによると、拒否された方は高齢の方で、いろいろ尋ねてくる人に不信感を持っておられるのだそうです。詐欺とか今は多いので、高齢者としては正しい感覚だと思います。で、私もなんか危ない人だと思われたみたい(涙)&国勢調査は全国民の義務ということも分かっていなかったとのこと。旧役員さんが説得してくださり、じゃあやりますということになったらしいです。

 

今日調査票を持っていったら前回とは打って変わって穏やかな表情で「この間はごめんなさい」とまで言っていただけました。やはりご近所の力、侮れないですね。そういう意味でも調査員は町内の人なんかのほうが都合がいいんだなと分かりました。ただ、都会のご近所さんのつながりがほぼないようなところでは、難しいでしょうけど。

 

なんかもう山場は超えた気がするのですが、この先もお仕事は続くようです。とりあえず10月1日まではすることなしです(続く)。